今回は個人的な趣味のエントリーです。10年後またギターが欲しくなった時の自分のために書きました^^

***
 
社会人になってから二度目のギター欲しい熱が高まりました。きっかけはしばらく休止していたバンドを再開したり楽天スーパーセールで煽られたりしたことで、3週間ほど夜な夜な情報収集したり、休日には、御茶ノ水・渋谷・大久保・池袋を彷徨った末、こちらの一本を購入。

IMG_0961
「Gibson '61 SG Reissue 2008 Heritage Cherry 買っちゃった」


歪ませたときにグシャッとしながらも絶妙なところで汚くならないワイルド感。フロントでクリーンで鳴らしても十分にメリハリのあるそれでいて角みのとれた音の輪郭。
このあたりは '57 Classic ピックアップの担う部分が大きくておなじみのフレーズを弾けば一瞬で古きよき時代にレイドバックできる!

そしてなによりSGと言えばこのシェイプと重さ。めちゃめちゃひきやすい。
おまけに特別なモデルではないんだけど木目もしっかり浮いていて味もある。 

しばらくシングルPUのギターばかり弾いていたので、強い出力や、フロントハムのトーンコントロールなどに慣れない部分はありますが、今持っている2本の主力選手(ダンカンのストラトとレスポールスペシャル)と使い分ければ大体の音色のニーズとプレーヤーのエゴ(笑)に対応できそう。

ところで、今回の検討にあたってはFirebirdとSGでだいぶん迷った。

 

Source: digimart.net via ldmoriuchi on Pinterest

かっこいいノンリバモデル




Source: digimart.net via ldmoriuchi on Pinterest

風格のリバースモデル
 

Source: digimart.net via ldmoriuchi on Pinterest

一瞬、Jazzmaster にも浮気
 

結局、Firebirdについては(ネットで写真でみて)「かっこいい!」→(店頭で現物を触って)「でかい、扱いづらそう・・」の繰り返し。部屋に飾ってニヤニヤ眺めたりステージで女の子にモテるためのチョイスならFirebirdで間違いんだけど、あくまでプレイヤーとして、キリッとSGに決めた。

ちなみに、そんな私の個人的なSG使いのアイドルは、不動のアンガス・ヤング、解散したゆらゆら帝国の坂本慎太郎、クリーム時代のクラプトンあたり。
 



続きを読む