Blog Start All Over

京都でリモートワークしながらプロジェクトマネージャやディレクターをやっています。

タグ: ラーメン

afuri00

日本からは直行便がないので行くまでが大変だけど、風光明媚で温暖でフレンドリーで西欧にしては物価も安いといういいことづくしの国、ポルトガルの首都リスボンにあのAFURIがあります。



AFURI といえば、恵比寿店と雨降山・大山を頂く創業地のZund Barのイメージが強いですが、トーキョーの中心地ばかりにこんなに増えてるんですね。

さてAFURIリスボン店の場所は観光地バイシャ地区。リスボンらしい起伏の大きい狭い石畳のお店の前をリスボン名物のトラムが通るのが素敵。優雅に麺ジョイできます。

afuri01

afuri02

アルファベットと漢字のロゴの二種類。

afuri03

店内は普通にCozyで空間の多いレストラン。おひとりさま客も多いので気恥ずかしさはありません。

afuri04

メニュー。日本人から見たらラーメン店だけど現地ではRAMEN というものが食べられる日本食レストラン。日本食(風)のメニューが豊富です。

ポルトガルのつけ麺がどうアレンジされているのかいないのか気になるところではありましたがらまずはAFURIと言えば、のYuzu sio ramen 12€をオーダーしました。もちろん券売機はないのでフレンドリーな接客のお店のお姉さんに。

トッピングとかカスタマイズは訊かれなかったのでデフォルトで。

付きだし(有料)は鯵の南蛮漬け。普通に好物。こんなありふれた日本のおかずが食べられるなんて不意を付かれた感じだけど、そうか南蛮漬けだからポルトガル由来なのね。

金曜の13時頃で4組くらいなので余裕の有りそうな営業。ほどなく着丼。それでは食べてみます。

afuri05

スープは柚子のフレーバーがけっこうしっかり出てます。仄かなのニュアンスを楽しむというのは日本人向けなので、シトラスの味がするdashi-soup というわかりやすさで来ている感じ。油分は控えめなのは好き。ジャポネから来たラーメンフリーク的には温度がぬるめなのは気になりましたが、ラーメンというものが初めての人には問題ないでしょう。

麺は日本の阿夫利とは違う細めのやや縮れ麺。中華麺というより全粒粉麺。のどごしが適度にあってスルスルと美味しい。

チャーシューはややパサ。もたれず最後までいける。細めに切られたメンマと半熟煮玉子はバッチリ。日本のとなんら遜色なし。

一見して気になったグリーンリーフのような葉物。現地ではちょどいいネギが手に入りにくいのか、リスボンっ子の趣味に合わせたのかは不明。食感は良かったけど、暖かスープに浸っている違和感はちょっとありました。

ということで全体としては美味しくいただきました。リスボン向けに工夫されたものなので日本のafuriと比べてはいけませんが、日本にこういうラーメンを出す店があっても違和感ないです。

「ニホンっぽい」派手なプレゼンテーションがうけて求められがちな海外でこれだけシンプルにまとめたところはさすが阿夫利の美意識が感じられました。



さて、、阿夫利に限らず日本のラーメン屋だとサクッと食べてサクッと出るのですが、歩き疲れた昼下がりで快適な店内にもう少しゆっくりしたかったのでデザートを頼んでみました。

afuri06

4つくらいあったうちの一つ、RICE PANNA COTTA。

あまり甘くない柿のスライスがしっかりこってりのパンナコッタにいい按配。緑はシソで酸っぱくしてあって安易に抹茶とかではなくて良いです。キナコは味的にははなくていいかな。絵的なあしらいだろうけど。

自分がパンナコッタずきなのもあるけど、AFURIに来てラーメンよりもパンナコッタの方におお!ってなっちゃいました(笑)



米国やロンドンなどでは空前のRAMENブームらしいですが、もともと日本食店の多い街に溶け込んでいるリスボンのAFURI。日本の阿夫利のファンはもちろん温かいダシスープが恋しくなった時はぜひ訪れてみてください。





この記事の読了時間:12分
tonryu

先日見つけた Tokyo Time Out の東京のラーメン特集が極めて納得感のあるセレクションでした。

東京、平成を代表するラーメン12選
https://www.timeout.jp/tokyo/ja/restaurant/tokyo-heiseiramen

スタイリッシュの麺屋武蔵、ダブルスープの青葉、つけ麺の六厘舎など、「その後の潮流」を作ったブランドが並んでいます。近年の新進気鋭のお店に比べるとインパクトはありませんが、ほとんどのブランドが多店舗展開をしておりそれだけ定番化したという証。元品川区民的には「多賀野」が選ばれているのがうれしいですね。同じ選定基準でここにいくつか足すとすれば「山頭火」「TETSU」「べんてん」あたりを推しておきます。

それにしても、平成って思ったより長い時代だったんですね。ラーメンを通して思い知るのもなんですが。

さてさて、こんなに骨太な特集を読んでしまったので、自分も青春時代であった平成を回顧したくなりました。2018年は京都ラーメンで打線を組みましたが 今年は過ぎゆく平成を回顧させていただきます。それではさっそくいってみましょう!



続きを読む

"京都ラーメン"と言うとみなさんはどんなタイプの一杯を連想しますか?

まず「ますたに」「あかつき」に代表される豚骨or鶏ガラスープ+ヤワヤワ麺のクラシック系ですね。

京都ラーメン基本のキ

curryさん(@curry_)が投稿した写真 -



そして元祖ガッツリ系「亜喜英」「無鉄砲(ほぼ奈良ですが)」のような豚骨ドロ系も根強いファンがいます。ここ10年だと「しゃかりき」「高倉二条」から関西でいち早くつけ麺ブームが起こったのも京都からでした。

「麺の方は定番とゆ・・・」 「定番で!!」 付け合わせの味付きシイタケが白眉

curryさん(@curry_)が投稿した写真 -



もちろん全国区ですが「天下一品」の鶏&ヤサイのドロドロスープを思い浮かべる人もいますし、そこから派生した「極鶏」「たか松」「鶴武者」のような鶏白湯系を連想する方は直近のトレンドを抑えていると言えます。

gokkei



・・・とそんな中、2014年のニューカマーを追いかけていた僕が、新系統を確立する予想をしているのが「京都淡麗系」です。

今、はじめて書きましたw「京都淡麗系」。

それでは、トレンドは追いかけるより共に作り出していきたいという意識が高い、アーリーでイノベーティヴな諸兄に向けて「京都淡麗系」おすすめ店4つをシェアさせていただきます。


続きを読む

この記事の読了時間:4分
ramen1
おおよそ社会人ぽい生活はしていないと思われるマンガ家の友人から早朝にこんなLINEメッセージが届きました。
lineramen
彼の隣の部屋に住むの外国人が重度のラーメンブロガーで、先日京都に遠征にやってきていたらしいのです。

その名も「Ramen Adventures.com」
http://www.ramenadventures.com/

気合いの独自ドメイン。
3日と空けずに更新している!

さしずめ、ラオタのこのブロガーにとって
ジャパンはでっかい宝島 そうさ今こそアドベンチャー
なんでしょう。奥が深い。

そんな彼の京都遠征の2エントリーと、ラーメンブロガー必見のネイティブのラーメン表現をみてみましょう。



続きを読む


地元京都の新聞でこんなニュースを見かけてびっくり。

ラーメンでボストンへ架け橋 京の名物店創業者が移住 : 京都新聞
http://kyoto-np.co.jp/top/article/20120324000065

なんと、僕の贔屓にしているラーメン店「ラーメン荘 夢を語れ」のオーナーが新聞記事に。
そして内容にもっと驚愕。まさかの海外進出をすすめているとのこと!突然のニュースとあまりのスケールの大きさにびっくりしました。

しょうゆ豚骨系のスープに太麺、山盛りのモヤシとキャベツ、チャーシューに背脂がのったボリューム満点の品が評価を得た。その後、「地球規模で考えろ」(伏見区)、「歴史を刻め」(大阪市)などメッセージ性のある名前で店を出し、08年12月に「夢を語れ」(左京区)を法人化。これまで6店(1店は1年の期間限定)を経営。年商2億円まで成長した。

そんな「夢を語れ」系列のお店が出すラーメンはこちら。

182956_10150094998588999_676393998_6358389_903319_n
2010年撮影

iphone_photo
2009年10月撮影

2853256222_dac900fa4f_z
2008年9月撮影


iphone_photo
2008年3月撮影


そう、関東の好事家の方にはおなじみ「二郎系」(正しくはマルジ・富士丸系)なのです。


続きを読む

このページのトップヘ