Blog Start All Over

京都でリモートワークしながらプロジェクトマネージャやディレクターをやっています。

タグ: ニュース

この記事の読了時間:8分
21st
30代も半ばを過ぎて今さらなんですが、美術館や博物館にぶらりと一人で行くことが増えてきました。

アートなんて(大衆音楽としてのロック以外は)よくわからない芸術オンチがなんでまた、と最初は自分でも不思議だったのですが、どうやらアートそのものよりも作品を体験するために何らかの意図を持って作られた空間に身を委ねることが楽しくなってきたみたいです。

館内の導線とかデッドスペースとか光の具合とか空気の湿り具合とか臭いとか、マンション暮らしと都会のオフィス勤めからはかけ離れた非常的な空間。設計者の意のままに操られてみるもよし、自分なりのスイートスポットを探すもよし。普段とは違う感覚を研ぎ澄ましてだだっ広い空間に入り込んでただ彷徨うのがいいんです。

わかりやすい例が東京国立博物館でやる「法隆寺展」とか「東寺展」など。自分は京都に住んでいるから東寺の仏像はよっぽど秘蔵のものでない限り割とすぐ見に行けるし実際見ているんですが、1000年以上安置されてきた木造の仏教建築物「ではない」空間で仏像たちががどういうプロデュースをされてどういう鑑賞体験ができるのかに興味があって博物館に足を運びます。

20代のころから禅寺の庭園をぼーっと見るのが好きなんですが美術館や博物館もこれに近い感覚。庭を味わっている時にもいちいち「この石は●●産で」とか「作庭者が●才の時の感情が」とか考えていません。

中身(作品)ももちろん大事なんですが、今は館や展示や部屋全体の「没入体験」させる空気作りの方に関心があります。今さらですが皆さんもそうやって楽しんでいたんですね(笑)
(だから見た作品名とかほとんど覚えていないません。そして絶対団体行動できないのでひとりで行ったほうがよさそうw)


イマーシブジャーナリズム

さて、前置きが長くなりましたがこの記事の本題は実は「ウェブメディアのトレンド」でございます。

続きを読む

この記事の読了時間:3分
no title
スマホでニュースを見る方法・きっかけとして、僕は断然「ソーシャルメディア経由 または ブックマークからブラウザで見ればいい派(permalinkバンザイ派)」なのですが、グノシーアプリだけは今も使い続けています。

朝刊・夕刊それぞれ20件くらいPUSHされる記事リストの中でタップするのは0〜3件くらいなので1日10分も接触していないわけですがだいたい毎日チェックする習慣はついてしまいました。

一般的なスマホユーザーが日常的に利用するアプリはせいぜい数個という中で、大抵のニュース・メディアアプリの悩みどころでもある「フリクエンシー」を見事に獲得しちゃっているわけです。ちなみに、昨年から導入された「Sponsor」記事もほとんどタップすることはないですが、せっせとインプレッションには貢献していることになります。

今日はこんな記事をみかけました。

続きを読む

このページのトップヘ