Blog Start All Over

京都でリモートワークしながらプロジェクトマネージャやディレクターをやっています。

カテゴリ : 旅

この記事の読了時間:5分
midohsuzi
3泊4日で台北旅行に行ってまいりました。20代にして日本の地方旅にハマって満足していたこともあり、かなり久しぶりの海外旅行です。

この旅は会社の研修旅行だったので"國立"故宮博物館や九份のような定番の観光地に行くわけでもなかったのですが、限られた自由時間を使って、以前から気になっていた「誠品書店」を訪問、そして軽いカルチャーショックを受けて帰ってきました。

台湾の誠品書店とは、、、
創業は1989年。台北市大安區仁愛路に第一号店を開き、6年後の1995年に現在の敦南店の場所に移転する。このタイミングでファッションや飲食、ライフスタイル雑貨を中心に、台湾の中でも特に洗練されたブランドを集積させた。
その外観からは「書店」とは想像しがたく、エントランスや1階付近の高感度なファッションエリアを見て、初めて訪れる人は「ファッションビルの中にテナントで書店が入っているのか?」と勘違いする人も多い。だが、2階3階を占める書店エリアに進むと、その充実ぶりにたいていの人は満足できるだろう。なにせ本は100万冊を超えるラインナップなのだから。すさまじい出版・書店不況の中、このスタイル、この業態は業界内外から注目を集めており、世界中から視察が絶えないという。

【Taipei】ますます多様化する「誠品書店」。アジアの“本屋さん”の未来は? 日経トレンディネット
僕が初めてその名前を知ったのは2011年の田端信太郎さんのブログ記事。代官山蔦屋書店など(行ったことないけど)このころからすでに日本が「参考にする」一つのモデルとして注目されていました。
つまり、21世紀の書店は「情報」を売ってはいけない。いわんや「紙の束」としての本を売るつもりでもいけない。これからの書店は、(自分の狭い興味範囲を超えた)情報との「出合い方」や、自分に必要な情報をもった人物と出会える「機会・文脈」を売っていく気構えを持つべきである。これは、平たくいうと、書店ではなく「知のスポーツクラブ」とでも銘打つべき業態だろうか。

TABLOG:台北・Eslite 誠品書店に「書店」が進むべき未来を見た。 - livedoor Blog(ブログ)
調べたところ誠品書店グループのうち、大きなお店は「信義旗艦店」「敦南店」「誠品生活松菸店」あたりで、この旅では駆け足で二店舗を見てきました。


続きを読む

この記事の読了時間:4分
臼杵石仏ふと2013年末に思い立った九州ひとり旅、初日ベタに別府温泉に泊まったあとはノープランだったため、ガイドブックで目についた観光地、国宝・臼杵摩崖仏を訪問してきました。

国宝 臼杵石仏 公式ホームページ
http://sekibutsu.com/

磨崖仏(マガイブツ)とは自然の岩壁をそのまま掘り出したり刻んで造立した仏像。磨崖仏といえば敦煌や龍門、インド、ペルシアなど大陸のものという勝手な思い込みがありましたが、大分県の臼杵石仏や国東半島だけで日本の磨崖仏の6〜7割が集中しているそうです。なんともロマンの感じられるエリアです。

続きを読む

この記事の読了時間:5分
ことでんひさしぶりに少し余裕ができたので2泊3日で平日ひとり電車旅をしてきました。直近1年ほどは東京・京都間の新幹線・バスでの往復ばかりで、ぶらり旅は控えていたので地方都市めぐりは久しぶり。

最初に岡山方面に行くということ以外はほとんど決めずに出発。結局、初日は倉敷で1泊して、2日目は香川を経由して徳島に初上陸して1泊して日中の高速バスで京都に帰ってきました。

旅行要素はざっくり言うと、うどんを食べたり、ラーメンを食べたり、ローカル電車に乗ったり、古いお寺や庭をみたり、といういたって地味な楽しみですが、そういう旅の合間に(もしくは楽しみながら)メールを読んだり返したり、メモを取ったり、ブログを書いたりすることを両立させるのがマイテーマなわけです。
阿波ポスター0
あくまで旅といっても平日に必要なお仕事を止めるつもりはありません。なぜなら「申し訳ないんで夏休みとるんで・・」と根回しするほど、気合入れた旅でもないし、(ひとり旅ではなおさら)いろいろ気になってオンとオフの境目がつくれない体質だから。

自由な(フリーランス的な)働き方を実戦するということとは裏をかえせば、会社に保証された有給休暇のようなものがない中で、それぞれのライフスタイルに合わせた十人十色の働き方を見つける、ということだと考えています。



、、とめんどくさい前置きはこれくらいにして、このエントリーではそんな2013年にノートパソコンを抱えての電車旅で気づいたことを書き記しておきます。



続きを読む

sikyoku 
この1週間、Web/IT系のネットメディアで立て続けに
在宅勤務のノウハウについての記事をいくつかみかけました。

在宅勤務を検討する全ての人たちへ 【増田(@maskin)真樹】 : TechWave

在宅勤務のよくない点--陥りやすい10の落とし穴を紹介 - CNET Japan

在宅勤務できるなら減給でもok? - スラッシュドット・ジャパン

個人的に大いに同意できる部分は多い一方で思うのが、このようなワークスタイルは依然として「マッチョ」もしくは「変わり者」な一部の人達のムーブメントなあということ。最も適しているはずのウェブ・IT業界の中だけでも多くのワーカーが会社に来たがるくらいなのだから、大地震があった次の月曜でも動いているかいないかわからない電車に乗って会社に行こうとするような人たちが理解出来ない僕の方がマイノリティなのは明らかですね。

続きを読む

このページのトップヘ