Blog Start All Over

京都でリモートワークしながらプロジェクトマネージャやディレクターをやっています。

カテゴリ : ライフハック

この記事の読了時間:5分
n001iPhoneからの転向派でも「普通に使える」Android端末として話題の Google Nexus5 を購入しました。イーモバイルで契約(回線はソフトバンク)すると、今ならもろもろキャンペーン中で、MNP一括初期費用0円の上に月額利用料もパケット使い放題で1535円というチャンスに飛びついてしまいました。
*MNPの諸費用(ドコモ・イーモバイルで5250円)は別。1月分(契約初月)の利用料(日割り)は割引対象外
*3日で1GB使用で制限、1ヶ月7G使用で制限。


今日は店員さんの説明をしっかり聞いて理解したつもりですが絶対忘れそうなので、自分用のメモとしてもその破格の価格について書き留めておくことにします。


続きを読む

この記事の読了時間:4分
ramen1
おおよそ社会人ぽい生活はしていないと思われるマンガ家の友人から早朝にこんなLINEメッセージが届きました。
lineramen
彼の隣の部屋に住むの外国人が重度のラーメンブロガーで、先日京都に遠征にやってきていたらしいのです。

その名も「Ramen Adventures.com」
http://www.ramenadventures.com/

気合いの独自ドメイン。
3日と空けずに更新している!

さしずめ、ラオタのこのブロガーにとって
ジャパンはでっかい宝島 そうさ今こそアドベンチャー
なんでしょう。奥が深い。

そんな彼の京都遠征の2エントリーと、ラーメンブロガー必見のネイティブのラーメン表現をみてみましょう。



続きを読む

この記事の読了時間:2分
kagawa
livedoor ニュースは2012年の9月から「ざっくり言うと」というピックアップニュースの3行要約をやっていまして、時間がないけどひととおりニュースをおさえたい人にはなかなか便利なのですが、これをよりライフスタイルがスマホ最適化されたいま、もっと生かせないかと思っていたところこんなアプリがありました。

otolate
Oto-Latte(オトラテ) | ホーム
http://oto-latte.jp/

「Webのニュースが聞けるラジオ」というコンセプトのオトラテ。要はRSSで公開されている情報を頑張って音読してくれるアプリです。で、その日本語の読み上げ機能がなかなか賢くて実用レベルに達しているということがコアバリュー。

デフォルトでもプリセットメディアによるチャンネルがあってメディアジーン系、時事通信系のおなじみのニュースを聞くことが出来ます。が、このアプリの方針なのかRSSが全文配信でも冒頭の2段落分くらいしか読み上げてくれないんですね。

ヘッドフォンで流して聞いていて、その記事の内容をもっと知りたい!と思ったらスマホのディスプレイを開いて「記事を読む」でアプリ内ブラウザを開いて文字を読まなければならないという。。

・・ということで試用していたアプリを(永遠に)閉じようとしたときに「そういえばlivedor ニュースのトピック記事ってRSSあったなあ」ということを思い出しました。

ldnrss

と言うのも、オトラテは外部のRSS(Feedlyにつないで取り込み)を登録してオリジナルチャンネルを作ることができるんです。ということでゴニョゴニョやってみると・・・
続きを読む

この記事の読了時間:1分
新しい会社で働きはじめたお祝いに漫画やイラストを描いている友人・西アズナブル(@nishi_aznable)がプロフィールアイコン用の似顔絵を作ってくれました。

iconmori0001

自分でいうのもアレですが、めっちゃ似てるw

続きを読む

この記事の読了時間:3分
_header
こんにちは。渋谷の会社を退職したにも関わらず、毎週東京に来ています。

サラリーマンの伝家の宝刀「会社負担」を使わずに東京でビジネスホテルに泊まる際のノウハウについては以前の記事で書いた通りですが、最近気になる施設がオープンしたので試しに泊まって来ました。

秋葉原|施設一覧|ファーストキャビン FIRST CABIN ~飛行機のファーストクラスをイメージした新しいコンパクトホテル~
http://first-cabin.jp/locationlist/akihabara.html

感想をざっくり言うと、、

・音と鍵以外はよくあるカプセルホテルとは雲泥の差!
・ビジホの値段が上がる水・木曜日に使いたい
・お得なので客層が固まるまでの今はオススメ

ということで、以下レポートです。このFIRST CABIN(ファーストキャビン) はすでに羽田空港や京都、心斎橋にもあるので参考にしていただければ幸いです。

続きを読む

このページのトップヘ