Blog Start All Over

京都でリモートワークしながらプロジェクトマネージャやディレクターをやっています。

カテゴリ : キャリア

この記事の読了時間:2分
kamokami
9月から新たな会社に加わることになりました。

前の会社を辞めてから3ヶ月間、つかの間の "リアルはぐれディレクター" とは決別して、より前進した未来につながる方法で「あたらしい働き方」を試す活動を継続します。

"ノマド or サラリーマン"という論争が時おり見られます。ノマド(フリーランス)ならいろいろ働き方ができると言いますが、サラリーマン(会社員)の方が全体で見ると会社によって多種多様であるはずだというのが僕の持論です。

ただし、ノマドが己の意志と責任のみで全方位に舵取りができるのに対して、会社員は所属する組織の哲学と働く本人の意志の交わるところで "裁量の幅"はある程度決まります。

そんな中、スタッフひとりひとりの働き方や、仕事のあり方について常に未来を見て議論ができる、チャレンジができる組織に出会うことができました。自分というリソースを社会のため、自分の夢(東京ではない地方でWebの仕事を広げること)のために、そして組織や仲間のために生かすには、どういう動きと働き方が最適なのかということを、初対面の自分と時間をかけて一緒に考えてくれる、そんなしなやかさに大きな親近感を感じました。

2ヶ月かけてじっくりとお互いを見て話し合った結果、地方でのWeb・クリエイティブの可能性やコミュニティを拡げること、住む場所にとらわれずに社内のプロジェクトに参加すること、社外のネットワークやプロジェクトにも積極的に参加すること、が僕のキャリアでの新しいミッションになりました。



このような今の自分によくフィットした「あたらしい働き方」を実践できる(広い意味で)クリエイティブな組織に出会えたことにとても感謝しています。

世の中、特に同じインターネット業界を見回せば、至れり尽くせりな環境が揃ったオフィスに集まって極限まで生産性とフィーを上げる会社や、とにかくNo1の仕事の気分が味わいたい人材を集めて期待値と結果をあげながら走り続ける会社などが注目されていますが、どんな環境が幸せで、どんな仕事が内容が刺激的で、どんな働き方がこれからの社会と共生できるのか、その答えはひとつではありません。

僕は僕なりの「これからの働き方」の実験を楽しみながら続けていきます。

同じ釜の飯を食った元同僚のみなさんも、僕と何か通じるところがあってお付き合いが続いているみなさんも、そしてこれから一緒にワクワクできる仕事を作っていく仲間のみなさんも、どうぞよろしくお願いいたします。



この記事の読了時間:5分
35
ライブドアで入社して以来、2年と7ヶ月勤務したLINE株式会社を5/31付けで退職することとなりました。最終出社日のお勤めを済まし、とても温かい送別をいただいた今、いちブロガーとして残されたお仕事はこの「退職エントリー」のみです。

このエントリーでは、あっという間でしたがとても充実した在職期間を振り返りながら、お世話になった各方面の皆さんへのお礼と代えさせていただきます。


続きを読む

581390_10150785758018999_182145890_n
2012年も半分が過ぎてしまいました。
今年は社会人になって初めて一年の計らしきものを元旦にたてたので
ぴったり半年後の本日、律儀に中間の振り返りをしてみました。

はぐれディレクター旅情派 〜2012年は「何をするか」から「どう働くか・どう生きるか」へ : Blog Start All Over
http://blog.livedoor.jp/ldmoriuchi/archives/5037569.html


続きを読む


地元京都の新聞でこんなニュースを見かけてびっくり。

ラーメンでボストンへ架け橋 京の名物店創業者が移住 : 京都新聞
http://kyoto-np.co.jp/top/article/20120324000065

なんと、僕の贔屓にしているラーメン店「ラーメン荘 夢を語れ」のオーナーが新聞記事に。
そして内容にもっと驚愕。まさかの海外進出をすすめているとのこと!突然のニュースとあまりのスケールの大きさにびっくりしました。

しょうゆ豚骨系のスープに太麺、山盛りのモヤシとキャベツ、チャーシューに背脂がのったボリューム満点の品が評価を得た。その後、「地球規模で考えろ」(伏見区)、「歴史を刻め」(大阪市)などメッセージ性のある名前で店を出し、08年12月に「夢を語れ」(左京区)を法人化。これまで6店(1店は1年の期間限定)を経営。年商2億円まで成長した。

そんな「夢を語れ」系列のお店が出すラーメンはこちら。

182956_10150094998588999_676393998_6358389_903319_n
2010年撮影

iphone_photo
2009年10月撮影

2853256222_dac900fa4f_z
2008年9月撮影


iphone_photo
2008年3月撮影


そう、関東の好事家の方にはおなじみ「二郎系」(正しくはマルジ・富士丸系)なのです。


続きを読む

ware
( via 古銭 )

新年あけましておめでとうございます。
 
昨年2011年は転職して本格始動1年目ということで視野も興味の範囲も広がり、なによりたくさんの個性的で魅力的な方々と知り合うことができました。(再会もありましたね!)

そして、非社交的な自分にとっては、ソーシャルメディア上でもアウトプットとコミュニケーションを通じて、多くの刺激をうけることで、自分自身の信条というか考え方に何度も推敲を重ねられたことが大きな収穫でもありました。

このブログも更新頻度はそれほど多くはありませんでしたが、1年間継続的に情熱を持って続けて発信していくことができました!このペースを守って、僕からもみなさんに、幾許かのお返しができるようOpen&Shareを継続していきます。

 

- - -


さて2012年は、そんな昨年の刺激を経て、20代前半で社会に出て以来はじめて仕事に対するスタンス・価値観の転換をはかってみようと思います。 それは・・
 
「何をするか」から「どう働くか・どう生きるか」へ
 
この2つの優先順位を思いっきり後者に振り切ってみようと思っています。

僕と一緒に仕事をしたことがある方は、僕が「何をするか」にある種のこだわり(悪く言えば固執)を持っていたことをよくご存知だったかと思います。
そう言った姿勢や態度は、自分を追い込んで仕事の質を上げるための発奮材料だったり、世渡り上手な人たちに利用される隙を見せないための自衛手段だったりということでそれなりに有効に機能したと考えています。(ご迷惑もおかけすることもありましたね... )  

続きを読む

このページのトップヘ