men9kyoto
この記事の読了時間:5分+実食15分

話題のヒットメーカー文春からこんな記事が公開されたのを見ました。

1番田中商店、2番渡なべ……美味しいラーメン屋で打線組んだ | 文春オンライン
http://bunshun.jp/articles/-/6126

ネットの定番ネタですね。「◯◯で打線組んでみた」。
この記事では3人のラーメン識者がオレオレ打線を披露していて、ふたりは麺都トーキョー近郊のお店が中心で、あとひとりが福岡純血チーム。いいですよねフクオカ、また行きたいです。

・・・ということで、京都をホームとする自分も、SNS越しに勝手に感じ取った期待を受けて、考えてみました!



チーム名は全ダサですが
「みやこニューウェーブス」

外から見た「京都ラーメンぽさ」から1.5歩ほど踏み出した、新しい潮流を汲むお店を中心に組んでみました。

チームを編成するに当たってのコンセプト(しばり)は以下のとおり。

・京都府内じゃなくって京都市内
・つけめん/まぜそば類は除く
・外国人(市外からの進出店)を除く、京都発のお店のみ

ではご紹介します。



1番打者:らーめん のん(祇園)

塩らーめん味玉 魚介や帆立からとったスープが 毎回変化するのを楽しむ

curryさん(@curry_)がシェアした投稿 -


市外からのスカウトがまだ追いついていない技巧派。

複雑出汁系の塩っぽくない塩ラーメンがおすすめ。




2番打者:吟醸らーめん久保田(京都駅)

curryさん(@curry_)がシェアした投稿 -


棣鄂コーチの麺種を使い分けたメニューであらゆる状況に対応。

木曜限定の博多越が京都で楽しめる博多とんこつでは白眉(終わったみたいです)



3番打者:セアブラノ神(壬生)

curryさん(@curry_)がシェアした投稿 -


その名前からパワースラッガーだと思われがちだが両利きで長短を打ち分ける器用さも持ち合わせたオールラウンダー。この選手も棣鄂コーチ仕込み。

基本メニューもバリエーションあるのに毎月繰り出してくる限定も気になるので頻度を増やさざるを得ないお店。




4番打者:あいつのラーメンかたぐるま(丹波口)

curryさん(@curry_)がシェアした投稿 -


生え抜きのドロ系スラッガー。底深丼に盛られた鉢一面チャーシューと太メンマで絵になるあいつ。

「マニア向け濁とん」しか食べたことないんですが標準の「こくとん」はクリーミィーな魚介豚骨で万人におすすめ。



5番打者:名前のないラーメン屋(河原町御池)

curryさん(@curry_)がシェアした投稿 -


おしゃれな店内でモツ・京野菜が楽しめるなど女性人気が高い上に、カレー出汁や和牛入りなど長打も狙える。

「麺は定番の全粒粉か柚子麺から選べます」でおなじみの高倉二条系列内。場所柄カップルはやや多目。



6番打者:担々麺 胡(山科)

京都の担々麺だとここが一番

curryさん(@curry_)がシェアした投稿 -


担々麺しばりながら京都のお店らしく、唐揚げ、おつまみ、デザートも充実している芸達者。

京都ではあまりない多彩な担々麺が食べられるお店。屋台っぽい路面感が好きだったんだけど移転して広くなったっぽい。



7番打者:麺屋 猪一 離れ(高辻柳馬場)

仏光寺通りの離れで炙り和牛の追い鯖そば

curryさん(@curry_)がシェアした投稿 -



休養中の双子の兄はシーンを代表する打者なので期待が高まる。接客の良さは健在。

「追い鰹」「追い鯖」の出汁でラーメンとそばのギリギリのところを狙う。



8番打者:大中(伏見桃山)

大中バラ肉並元味麺固ネギ多モヤシ多アブラ多温玉キムチ

curryさん(@curry_)がシェアした投稿 -


打者の中で唯一のベテラン。8種のカスタマイズに自在に答える対応力で捕手を務める。

カスタマイズと卓上スパイスを絡めた多彩な味変オプションが実は新しい。一昨年末に四条河原町に進出。



DH:麺将 重厚軍団(一乗寺)


極太麺と濃厚スープとニンニクでナインの火力不足を補う。軍団だけどひとりです。

自分の知っている店名は「ラーメン軍団」だけど、店名が強化されてた!




代打陣は紹介文割愛です。

ラーメン 霽レ空(二条駅)

curryさん(@curry_)がシェアした投稿 -



麺処鶏谷(西院)

kacchanさん(@kacchan3779)がシェアした投稿 -



らーめん創房 日本一 ぱこぱこ

シイタケの旨味が際立つ塩ラーメン

curryさん(@curry_)がシェアした投稿 -



らーめんや亜喜英

curryさん(@curry_)がシェアした投稿 -




続いて投手陣をご紹介します。


先発:極鶏(一乗寺)

aoi maedaさん(@maechan.83)がシェアした投稿 -


ネオ鶏だくで名を馳せたここ数年の京都のエース。TKGと合わせていただきたい。

はずさないお店なので人にはおすすめするけど実はあまり行ってないお店の代表格w



先発:優光(烏丸御池)

curryさん(@curry_)がシェアした投稿 -


昨年シーンを騒がせた淡麗系ルーキー。淡竹・真竹・黒竹の3つの球種が絞れず打者を悩ませる。選手応援歌はミスチル。

京都では少なかった透き通ったスープでシンプルな一杯が評価されていて感慨深い。塩でいただく鶏餃子もおすすめ。

ramen baka-ichi-dai : 麺屋 優光@烏丸御池 〜京都淡麗系ニューカマーは3種のスープから


先発:新宿めんや風花(高辻東洞院)

curryさん(@curry_)がシェアした投稿 -


本格派サウスポー(塩)が京都の真ん中で楽しめるとあって当然のローテーション入り。

新宿との関係性は不明。僕のおすすめはふわっとろろ塩ラーメンにお餅トッピングです。



中継ぎ:おだしと小麦一三〇(北白川)

curryさん(@curry_)がシェアした投稿 -


出汁の求道者。ラーメンと名乗ることをやめた孤高のプレイヤーが左京区から継投。

出汁・麺・野菜、それぞれに「季節」を常に感じさせてくれるお店。



クローザー:一番星(岡崎)

岡崎まできたら一番星。ここで食べるお新香が本当においしい。

curryさん(@curry_)がシェアした投稿 -


やさしい豚骨醤油とやわめ細麺の大ベテラン。デフォルトでついてくる柴漬けがゲームを締める。

昭和オールドな喫茶店の店の佇まいがとても落ち着く地元のお店。




以上、最後までお付き合いいただいてありがとうございました。
みなさんの打線やスカッドも教えてください!



このエントリーをはてなブックマークに追加