この記事の読了時間:4分
f0
昨日Facebookさんからこんなメールが届いていました。
日頃より弊社サービスをご利用いただき、ありがとうございます。

Facebookはおかげさまで10周年を迎えました。お客様のビジネスのお手伝いを通じて、弊社の使命である「オープンで、つながりのある世界を創造する」ことの重みを改めて自覚することができました。弊社がここまで歩んで来られたのは、ひとえにお客様のおかげです。
社員一同、心より御礼申し上げます。よろしければ下のボタンをクリックして、弊社創業者からのビデオメッセージをご覧ください。

Facebookのこれまでの10年間も、これからの道のりを考えればほんのわずかなものに過ぎません。弊社では、お客様との間のパートナーシップを基として、長く実り多い歩みを続けて参りたいと考えております。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Facebook

その動画のポストがこちら。



あんまり話題になっていないなーと思ったらこれ、「Facebook Business」が差出人でした。ってことは Facebook Ads などを利用しているユーザーに送っているみたいです。

動画の内容はいたって王道的でシンプル。実際生活の中でFacebookを使っている人からしたら別にアジアやヨーロッパで使われていようがいまいがどっちでもいいと思うのですがこれはビジネス向けなのでグローバル感をしっかりアピール!というところですね。


Facebookとわたし

ともあれ10周年。自分がFacebookを日常的に使い始めたのは2010年からですが、間違いなくインターネットに触れて以来最も実生活との結びつきが強く、今も突然なくなったら途方にくれるサービスのダントツ筆頭です。

友達と連絡を取りあうのはFacebook。友達に子供が生まれたとか転職したとか知るのもFacebook。外部からお仕事やプロジェクトのお誘いがあるのもFacebook。旧知の友人とつながるのもFacebook。企画のインスピレーションを得るのもFacebookから(が多い)。

個人的に特に思い出深いのは2010年から2011年にかけて。自分たちもWebサービスを企画運営する上で、ソーシャルプラットフォームを作るか、既存のものに乗っかるか、複数のものと連携するか、そんなことばかり考えていて、Facebookという勢いのある巨人の存在があったおかげでたいへんエキサイティングな時期を過ごすことができました。ちなみに、昨年当ブログに炸裂したYahoo!砲もFacebookネタでした

ありがちなFacebook疲れに5つのささやかな処方箋 : Blog Start All Over
http://blog.livedoor.jp/ldmoriuchi/archives/5330075.html
Faccebookのコメント欄に感想が書かれているのも珍しい

Facebook の新機能「フィード購読する」の5つのポイントとその使いどころとは? : Blog Start All Over
http://blog.livedoor.jp/ldmoriuchi/archives/4481047.html
この機能は最初から地味でしたが今もちゃんと残ってますね

ライブドアのディレクターが「ソーシャル・ネットワーク」を観て考えたこと : LINE Corporation ディレクターブログ
http://directorblog.jp/archives/51578113.html
開発チームのみんなで映画見に行ってお好み焼き食べました

ANKER という新サービスで ITmedia に取材していただきました : Blog Start All Over
http://blog.livedoor.jp/ldmoriuchi/archives/4543006.html
まだ事例が少なかった「Facebookでログイン」を使った新規サービスでした(2013年春クローズ)


Facebookあんな機能こんな機能

さて、この10周年に合わせたこんな記事を読みました。

Facebookのヒットした機能とハズレた機能--誕生10年を成功と失敗で振り返る - CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/service/35043613/

米CNETの記事の英訳で取り上げられていた10個の機能についての自分の感想です。

・Messengerアプリ
もうすでにChat Heads(タイムラインを読んでる間中、友達や上司の顔がポップアップされていて落ち着かない機能)があったことも忘れそうになってましたw

・Instagram
いちユーザーとしては買収されたことをほとんど意識せず使えているのはありがたいことだなあと思います。

・Graph Search
発表時は鳴り物入りでITマーケ系の媒体でとりあげられたけど・・・。まだ今日の段階でも使い方含めて未来の機能なのかもしれませんね。

・Facebook Groups
どうしてこの10選にはいっているかわからないくらい普通に使っている機能ですね。グループを勢いで作ったあと作りっぱなしになりがち。
https://www.facebook.com/bookmarks/groups

・Facebook Home
androidで機種が限定されていたこともあって全く普及しなかったですね。そういえばスマホHOME画面の覇権(取り合い)も今は落ち着いたんでしょうか。

・Beacon
外部サイトに埋め込んだコードでCookieを取得してニュースフィードでターゲティング捗る(^.^)、ってやつでしたっけ(うろ覚え)

・Facebook Credit
個人的にはFacebook(frame)内ゲームの衰退と一蓮托生だった印象。国内の例も見るにSNSプラットフォーム上でゲームってピーク時は盛り上がるけどずっと続かないですよね。ヘタするとそのSNS自体の勢いも一緒に削いじゃいかねないところを、FacebookはゲームがなくなってもFacebookとして続いているのでさすが。(Facebook Connect という「外でやってね」という提案が良かったからですね)

・Facebook Deals
日本でも渋谷でリアルイベントとかやってませんでしたっけ?(うろ覚え)結局Web業界以外でクーポン使っている人を見ることはなくフェードアウトしました。

・Facebook Questions
出た!クエスチョン。結構使っていたのにすっかり忘れていました。PC版のUIではお遊び機能くらいの位置づけ以上にはならなかったけど、いま、モバイルに特化したアンサーThumb の例を見るに、もしFacebookがスマホ対応に遅れを取らなければQ&A機能は結構いけたんじゃないかという気もします。

・Places
今は完全に投稿機能の一部になっているけど、昔のアプリではメニューから分かれていました。というかアプリ内HOMEのUIが懐かしいですね!
f3

以上、こうやって見ると新機能の多くは、気合の大小にかかわらず、それほど成功・定着していない事がわかります。逆にこれくらいの数の試行錯誤をとにかく回して(メディアやユーザーからはあーだこーだ言われながら)、本質と付加機能をチューンナップして新陳代謝し続けるのがソーシャルプラットフォ−ムということなのでしょう。

さらには、Growth Hack なんてコトバがまだない頃に、リアルに億単位のユーザーが使う環境にゴーライブさせてデータを見ながら機能やデザインの可能性を図っていく文化を築いたのは、他でもないFacebookだったんだなーとしみじみ感じた次第でした。

いやー、ソーシャルプラットフォームって奥が深いですね!(未練)


このエントリーをはてなブックマークに追加