Keep on traveling
Keep on traveling

サビでもなくストレートなラブソングでもなく、ありがちな日常と一周りした人生観が交差する歌詞の一節。
最初はサウンドが好きで聞いていた彼らの歌が、20代の終わり頃からやたらと染み入るようになりました。
これが大人のフォークロックなのかなあと思ったり。

夜道を一人で歩いていたら どこから何やらカレーのにおい
僕もこれから帰るんだよ 湯気がたってる暖かいうち

素晴らしきこの世界 作詞・作曲:倉持陽一

冬が段々好きになる 服の重ね着楽しいよ
星の見える夜を気持よく遊んだ
雪の中で電車が止まる
ホッと一息外を見渡す白く静かな世界
よく寝てよく食べて出掛けよう

JUMP/作詞・作曲:倉持陽一・桜井秀俊


ぼんやり一人きり 虚ろな目に花火が映る
ひんやり帰り道 秋の気配感じた

遠い夏/作詞・作曲:YO-KING


原因不明のゆううつがくるまえに
荒川土手にて心をゆるめよう

荒川土手/作詞・作曲:倉持陽一


のりものはのらない 歩いていくよ どこまでも この足で
欲しいものは いつも 君といっしょさ いつも
手持ちのカードで 楽しくやろう
なんて思う日々さ

情熱と衝動/作詞・作曲:YO-KING


回転木馬は回り続けて いつものまにか僕だけ置き去りにされ
誰もが人生をポストに投げて ここじゃないどこかを夢みる

この愛は始まってもいない/作詞・作曲:YO-KING


知ってるだけで分かってはいない
矛盾を受け入れ健康になる
人生をやり直すかどうか 死ぬまでに考えよう

COSMOS/作詞:YO-KING 作曲:桜井秀俊


疲れと弱気にとりつかれ たどり着く温かい食事
スープを飲み干す 力みなぎる 星空優しく広い

新しい夜明け/作詞・作曲:倉持陽一


穴の開いた財布が僕に金をくれ 金をくれと言う
青空が僕に無理やり のんきさを要求する
僕を怖いと言ってくれた 友人もはるか想い出の中
あああ あのころの僕より今の方がずっと若いさ

マイ・バック・ページ
日本語詞:倉持陽一(原曲:BOB DYLAN) 作曲:BOB DYLAN

guitar

YO-KING 先生なら、60代、70代になっても健康や盆栽やゲートボールをモチーフに僕たちを切なくしてくれるロックを歌い続けてくれそうな気がします。

真心道中歌栗毛 2011 ~逆に最後が日本橋~ [DVD]
真心道中歌栗毛 2011 ~逆に最後が日本橋~ [DVD]


・・・とここまで書いておいて、2年前にもほぼ同じようなことを書いていたことに気がついてしまった!

30代になって真心ブラザーズがいっそう味わい深くなった :Blog Start All Over
http://blog.livedoor.jp/ldmoriuchi/archives/2205790.html

<参考>
JASRAC管理楽曲の歌詞掲載が可能になりました|livedoor Blog 開発日誌
http://blog.livedoor.jp/staff/archives/51790285.html

このエントリーをはてなブックマークに追加